⇩月収50万を稼ぎ脱サラへ突き進んだ方法は画像をクリック⇩

自分で決められないデメリットとは?人生において物事を自分で決めるために知っておくと便利なこと

決める 答え

こんにちは、ゆーひです。

物事が決められない。また、自分が決めていいのか悩むことってありませんか??

私もそうでした、

そんな中、『すべての物事は2度創られる』という言葉を知り私に変化が起きました。

日常的にも何が食べたいかすら決められなかったり、

何がしたいかも決められなかったり…

そんな私が、分で決めない=他人が決めるということに気づいたことで変われたんです。

実際に行動してみると、間違いや良くない結果は経験となることも実感でき、

少しだけでも自分で決めようと思えました。

そして行動したところ、後悔することが大幅に減りました。

決めることを悩んでいる方にとって

『物事は2度創られる』の意味を知ることは、“決めることのできる自分”になるために効果的だと感じたので

今回お伝えできればと思います。

この記事を読むと…
  • 自分で“決心できる”きっかけが見つかります。
  • 「自分で決めない=他人が決める」ことのデメリットを知ることができます。

“物事は2度創られる”

自分で物事を決める前に知っておくといいこと…

すでに何度も出てきましたが『物事は2度創られる』ということです。

これは物や事柄ができる(創られる)ときに

まず知的創造をし、次に物的創造をするということです。

知的創造=発想や計画を作る

物的創造=現実的な作業によって物事を作る

飛行機に例えるとわかりやすいのですが

『まずはフライトプランをたて、プランにそ沿ってフライトをする』

これ当たり前ですよね!?

目的地なく飛び立つことはありません!!

フライトプラン=知的創造

フライト=物的創造

なぜこれを知ることが、“決めることができるようになる”ことにつながるかというと

物事を決めないデメリットを知るきっかけになるです

決めないデメリット

今悩んでいるあなたは、物事をどうするか悩んでいると思います。

例えば…

・自分の仕事は今のままでいいのか??

・子育てのために教育を学ぶべきか??

・効率のよい方法に変えるべきか??

・この儲け話に乗るべきかどうか??

この悩みに答えを出すとき人は悩みます。

そして答えを出す=物事を決める際には、まず知的創造を行います!

つまり「自分で決めない=知的創造を行わない」ということです。

これはフライトプランを他人が決めてしまうということです。

悩んでいた事柄はそのまま流れてしまい、他のだれかが道筋を立ててしまうんです。

誰かが決めてくれると楽ですよね??

でも、これはあなた自身に、かなりの不自由を生み出します。

何故なら他人が決めたフライトプランに沿って自分は飛ぶだけなんです。

その目的地がどんなものかもわかりません!

この他人任せの状況は、ほとんどの場合自分のストレスとなって降り注いできます。「なんでわざわざこんなことを…」そう思ってもプラン変更はすぐにはできません。

プランに沿って言われるがまま行動するしか無くなってしまいます。

このように他人に決定権を渡してしまうと、

いざ自分が方向転換をしたくなった場面でも意見が言えない不自由さを抱えてしまうことになります。

ここでの“他人”は社会の価値観や風潮も含まれ、

流されてしまうと目的意識を持たず生活をしてしまうことになってしまうので

本当に注意が必要です。

自分で決めるメリット

決めた

もうお分かりかもしれませんが

自分で決める=知的創造を自分で行う

つまり、フライトプランを自分で決めます!!

自分に主導権があり様々な調整をすることができます。

一つ思うことはみんな難しく考えすぎです。

思い出してください『物事は2度創られる』

最初にすべきは知的創造!!!

つまり、あなたは知的創造をすればいいんです。

『方向性を少しだけ自分で選択する』これで完了です!

そう考えるとかなり楽になりませんか??

悩んだときは少しだけ、自分の向く方向を決めてみる。

『今日は〇〇が食べたい!』

そんなに決めなくて大丈夫です。

まずは『和食かなぁ』でいいんです!!

これだけで他人のプランを実行するだけの目的意識のない生活を送らなくてすみます。

一歩が難しくても、半歩だけでも!

何なら前に進まず少し向きを決めるだけでもそれはもう自分のプランです!!

他人から見ると進んでいないように見えるくらいゆっくりでも全く問題ないんです!!

失敗はない!!

失敗はない!この言葉、私はめちゃくちゃ感動しました。(結構みんな知ってる笑)

すごく単純ですが、まさにその通り!!と感動ました!

私が知ったのは西野亮廣さんの近畿大学での卒業生に向けたスピーチでの一節でした。

1:34~「失敗はその瞬間に止まってしまうから失敗であって、受け入れてアップデートして成功するまで続けてしまえば、この経験は必要だったとわかる。つまり理論上、失敗なんて存在しない。だから失敗なんかしないから挑戦してください」

ネガティブな結果は成功のための経験なんです。成功まで進めば失敗なんてないんです!!

なので、失敗はしません!

他人まかせでストレスのたまる生活を抜け出すために、

知的創造をしてみてください!

自分のプランを模索してプランを立ててみてください。

プランができると案外そこからはスルスルと進みます!!

私は決められないと思っても、大切な話ほど知的創造を人に譲らずゆっくりでいいから進むことで、より良い方向に自分の世界が開けたので、みなさんも試してみてもらいたいと思いました。

今回も読み進めていただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です