⇩月収50万を稼ぎ脱サラへ突き進んだ方法は画像をクリック⇩

隙間時間や在宅で!『景気』を理解して需要ある副業を考えてみませんか??~インターネット活用の強みについて考える~

time is money

こんにちは、ゆーひです。

収入を増やしたいけど何をしたらいいのか??

リスクも聞くし悩んでしまうことってないですか??

そんな時に

インターネットを活用したビジネスで好景気を作ることで、

悩みを解決できました。

ビジネスも需要と供給のバランスが大事で、

インターネットを活用するビジネスでは供給がまだまだ少ないんです。

私もインターネット販売を実践してみたところ、収入を得られました。

インターネットを活用したサービスはまだまだ需要を満たしていないため

好景気を作り出すために効果的でした。

この記事を読むと

・インターネットを活用した世界の効率の良さが分かります。

景気について考える

お金

景気とはなんでしょうか??

辞書を引いてみると。。。

けい‐き【景気】
①様子。けはい。ありさま。景況。弁内侍日記「鳥羽殿の御所の―の面白さ」

②景観。景色。また、景観を添えるもの。平家物語7「此島の―を見給ふに、心も詞も及ばれず」

③和歌・連歌・俳諧で、景色や情景をありのままに詠んだもの。景曲。景気付け。

④人気。評判。仮名垣魯文、安愚楽鍋「―をおとしましたが」

⑤元気。威勢がよいこと。「一杯飲んで―をつける」

⑥売買・取引などの経済活動の状況。特に、活発な状態。好景気。「―がいい」「―が上向く

こんなに意味があったんですね。。。

今回のは⑥を取り上げてお話しします。

ポイントは活発な状態のことを指すという部分です。

そして、景気ってなにかというと、お金の流れのことを指します!!!

なぜお金の流れのなのかわかりやすい質問があります。

みなさんどう思いますか??

Q)

みなさん日本は景気がいいと思いますか??

そして日本はお金持ちだと思いますか??

答えは景気は悪いけどお金持ちです!!

日本は世界で見るとお金持ちです。

2020年12月に公表された最新データではGDPランキングは世界3位!

(一人当たりGDPランキングは33位です)

しかし景気が悪いです。

景気をお金の流れと考えてみてください!

日本にはお金があります。しかしお金の流れが悪いです。

みなさんの認識はどうでしょうか??

しっくりきませんか?

景気はお金の流れだったんです!

お金持ちであることは、数字に表れています。

でも認識として景気が悪い。。。

それはお金が流れていないからだったんです。

そう考えると景気というものが捉えやすくなります。

好景気の作り方

好景気とは。。。

お金の流れが良い状態!

自分に向けてのお金の流れの良い状態を作り出せたらいいと思いませんか??

ではどんな時に景気が良くなるか??

それは需要と供給のバランスが

需要>供給となることです!!!

チケット転売で考えると分かりやすいです。

プレミアのつくコンサートチケットを思い浮かべてください!

転売で、ものすごい高値で取引されることがありました。(問題になりましたが…)

需要、つまり欲しい人は多いのに

供給(数)が少ない

すると欲しい人が感じる価値がとてつもなく高まる

結果として高値で取引される

これって、お金の流れものすごいですよね??

つまり好景気を作り出すということは

需要>供給の状態を作り出す事が大切でした。

インターネットのよって生み出された世界

インターネット

インターネットの普及によって身近になったものは様々ありますが、

このわかりやすい例として

インターネット通販があります。

私が話を聞いてわかりやすかったのは

ヤフーオークションの話でした。

ヤフーオークションは初め、出品者がすごく少なかったそうなんです。

でも購入希望者はいたんです。

つまり需要はあるのに供給者がいない!!!

まさに需要>供給の構図

すると何が起こったか??

ゲームセンター仕入れた小物が、高値で売れる!!!

自分の仕入れは200円程度、なのに5倍以上で売れる!

まさに需要>供給の状態のなせる業ですね!!

今では当たり前になった、youtuberやメールマガジンも

パイオニア的存在の方達は需要>>>供給の世界を体現されています。

これらは、インターネットができる前には一定の需要が存在していた分野です

ネット通販⇔実店舗販売

メルマガ⇔ダイレクトメールや広告

youtube⇔テレビ・ラジオ

これらはまさに、

今まであった需要と供給の構図が

インターネットの出現により、大きく変化し、

新たな需要が生れ、

供給元として飛び込んだ人がみごとに需要を確保したということなんです!

つまり、

供給する側がいない空白の部分がインターネットの普及により出現したということなんです

現状インターネットはスマートフォンによってかなり身近なものになりましたが、

リモートワークが始まるまで職場で

インターネットの恩恵を受けている方は少なかったのではないでしょうか??

つまり、今まで飽和と思っていた分野でも

インターネットを活用し、かけ合わせることで、

空白の部分が見いだせるのです。

だからって何をしたらいいのわからないという場合は

あなたの趣味の分野や、得意な分野に没頭してみてください!

そこで得た知識にインターネットを活用することで

需要>供給の状態を作り出すことができる可能性があります

No.1 

実践してみた

お金 こすと

私は、医療現場で働いていたのですが、

小さな病院だったため、IoTなんて夢のまた夢でした!

カルテも電子化されておらず、

患者さんの予約すらマニュアル要素が大きかったです。

そんな私が、

インターネットを活用すると言われても正直何をしていいのかわかりませんでした。

そこで、色々な成功事例の学習を始めました。

すると、インターネットを活用している分野の少なさに驚いたとともに

大成功を収めている人たちの事例も多くあることに気づきました。

その中で、病院業務に支障の出ない範囲で

生活に導入できるインターネット販売を始めることにしました。

実際、かなり認知されている分野ではありましたが、

インターネットの活用により、

買い付けなどで実店舗に足を運ばなくていい状態を作り出すことができ、

すき間時間で完結することができたのです。

さらに、インターネット販売の凄いところは、

販売するとお客さんは日本全国から購入してくれます。

もしこれを実店舗をもって開業するとなるとそうはいきません。

店舗を借り、人を雇い、宣伝をしたとしても、

店舗のある地域での販売しか不可能です。

それが日本全国に広がる。

私の地域で購入できるものを購入できない人のもとへ届けることも可能でした。

私の経験は、空白部分への参入ではありませんでしたが、

インターネットにより広がった大きな需要のある部分へ

供給元として参戦したことで、スムーズに規模を拡大することができました。

まとめ

ひらめき

インターネットはこれからまだまだ、

様々な分野で活用されると言われています。

その中で、多くの分野にインターネットが活用され需要が生み出されることが考えられます。

その時代の変化を眺めているだけでは、付いていくのがやっとですが、

インターネットを活用した世界を知ることで、

あなたの収入を増やすチャンスは格段に広がります。

またインターネットの普及による情報化社会において、

重要視されるのが、あなたという「個性」になります。

それを理解し、

景気を理解することが

需要>供給を作り出す秘訣でした。

つまり、副業を考えるにあたって、

インターネット活用をした世界で考えることが効率が良いと今回実感できました。。

さらに自分の好きなこと・やりたいこと・専門分野を

ブラッシュアップすることでさらに加速しますので、

お金の流れを考えて、あなたの身を置く世界を選んでみてください

今回も読み進めていただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です