⇩月収50万を稼ぎ脱サラへ突き進んだ方法は画像をクリック⇩

これができたから脱サラできた!後で見返すと成功法則通りだった行動とは!

こんにちは、ゆーひです。

脱サラや副業ってリスクが高いと感じてませんか?

僕もそう思っていました!!

でも始めてみると、なぜかリスクを感じることなく脱サラ・副業できたんです。

今になって考えると、

僕が何も考えずにやっていたことが偶然良い行動だった!

そんなことが何点かあったみたいです。

実は脱サラや副業は、既に体系化されてきていて成功した情報があふれています。

僕も情報を得て副業を始めたら、

いつの間にか脱サラしていました。

それくらい情報があるんです。

脱サラした今、自分と情報を照らし合わせたら、

成功法則通りの行動がより浮き彫りになったので、書き出したいと思います。

少しでも参考になれば幸いです!

この記事を読むと
  • 成功のポイントがわかります
  • 脱サラがノーリスクで可能と少し実感できます

全く覚えていなかった脱サラへの行動

考える イメージ
友人

どうやって脱サラしたか教えて〜

言われることがあるんですが、

自分でもびっくりするほど、覚えていないんです。。。

始める前は不安というより、何をしたらいいのか?右も左もわからない感じでした。

そして、

あれやこれやち目移りしては妻に止めてもらう日々を過ごしました。

そんな中、

副業を求めて行きついた、あるセミナーに惹かれて

なぜか飛び込みました。

そして勉強を始めて1か月で初収入

そして勉強と準備を継続して半年後から副業収入がしっかり入り、

その1年後に脱サラしました。

流れはだいたい思い出せるのに…

その間何をやっていたかが思い出せない…

言えることは、

セミナーの勉強して、示された道を走ってきただけ!

でした。

その間失敗もありましたが、

なんとか挫折することもなく

やるべきことをやってきた感じです。

リスクを感じて動けなくなるってことはありませんでした。

でも、ふと思ったんです。

この「示された道を走ってきただけ」こそが、ポイントなんじゃないのか??

そう思うと、走るために実行していた3点をや思い出しました。

  • 目標を立て(副業する)
  • ノウハウを手に入れ(セミナーとコンサル)
  • 行動する(ひたすら大量行動)

この3つをできたことが自分の成功要因じゃないのかと感じます。

自己研鑽で始めた読書で知った成功法則

検索 選ぶ

脱サラをして、時間が少し余裕ができたある日、

セミナー参加当初から参考図書として紹介されていた本を読んでみようという気になり

読み始めました。

自己啓発やマインドセット、成功の秘訣のような本が多かったです。

そんな成功物語を何冊か読みました。

するとその中で語られていた成功要因が同じような内容であることに気づきました。

その内容というのが

  • お金のことを考える
  • 明確な目標を設定する
  • 成功している人を観察しマネする
  • 自分や資産に投資する
  • 必要な行動をする(無駄なことをしない)
  • 社会のこと、未来のことを知る、考える

同じ内容があるということはこれららは成功している人からすれば当たり前のこと??

そう感じ、本を読むことで成功している人の習慣に触れました。

すると、自分が行動してきたことが成功者の習慣にいつの間にか近づいていたんだと実感しましたんです!

たぶん、

自分が成功までの道のりを忘れていたり、リスクを感じなかったのは、

セミナーなどのおかげで、やるべきことに集中できたこと、いつの間にか成功法則を身に着けていたからかもと思っています。

今思う自分の成功のポイント

ポイント

成功物語に書いてあった成功法則の中で

普段から自分ができていた内容がありました。

  • 必要な行動をする⇒大量行動
  • 自分や資産に投資する⇒投資の観念
  • 明確な目標を設定する⇒仮説逆算思考

大量行動

僕は元から、体を動かして解決するタイプでした。

考えが煮詰まると、「もうわからんしとりあえずやってみよう!」タイプでした

でもどこか、臆病なので

本当にちょっとやっては「イケてるかな?」と確認ばかりしていました。

結果としてはこのビビり体質もかなり役立ったのかと思います。

うつむく ふさぎこむ

ひたすら行動すると、失敗もしますが

それも経験ととらえて、修正して行動する。

これは脱サラへの道のりで一番頑張れたことだった気がします。

投資の観念(お金と時間の使い方)

株などではありません。株などの投資は今もまだできません!笑

この投資とは、自分の持っているものを価値を生産するために使うということで、

つまりは以下の2点になります。!

  • お金の使い方
  • 時間の使い方
ゆーひのお金の使い方

めちゃくちゃわかりやすく言うと「ケチ」「倹約家」

わかりやすく言うと、費用対効果を考えてお金を使う

新品より中古、最新機種でなくても機能があればいい、廃ブランドにはこだわらないなどなど…

ゆーひの時間の使い方

とにかく「せっかち」

良いように言えば「やたら効率を考える」

時間に関しても費用対効果を考えることが多かったです。

この時間とお金の費用対効果を考える

つまり、必要なことにしっかりとお金や時間を使える。ということが自分の成長につながり

結果、セミナーへの投資、書籍への投資、コンサルへの投資を決断する要因になりました。

良かったら妄想してみてください♪

脱サラして家族と毎日ゆったり過ごせる生活(月収50万円)にいくらなら払えますか??

仮説逆算思考

仮説逆算思考って漢字ばっかり…笑

簡単に言うと

  • 過去のデータや経験を元に結果を予測して行動する(仮説思考)

そして

  • データや経験を元に、目的達成に必要な項目を割り出せる(逆算思考)

この2つの思考のことです。

巷ではPDCAサイクルなどが有名ですが、

会社員時代のリハビリの仕事は、体の問題を探すために

この思考プロセスをよく使うんです。

これが、まさかの脱サラに役立ちました。

つまり僕の成功は以下の要因で成り立ったんじゃないかと思います。

僕の成功要因と考えられる項目

予測し、予定を立て、時間やお金を使って大量行動

行動結果を見直し、修正して大量行動!

こうやって文章にしてみると、仕事でやってる当たり前のことに感じませんか??

当たり前に感じた方は、頑張る方向を変えるだけです!

難しく感じる方も、できることを取り入れると物事の見方が変わるかもしれません!!

成功のためにセミナーで得たポイント

募金

やっぱり、外から得る情報は圧倒的でした。

かなり効率的に情報を得ることができたと思っています。

そしてその中で脱サラまでを確実にしてくれたのがこの考え方でした。

これができればさらに盤石!!

セミナー前は確実に知りませんでしたが、難しいことではありません。

さっきお伝えした、成功のポイントをブーストするイメージなんですが、

あると無いではものすごく差がつくと思います。

それは

クリティカルシンキング!!

やるべきことに集中し、必要ないことはやらない!!

ひらめき 重要事項

これも当たり前に感じませんか??

でもこれは、本当に取り入れると効果絶大です!!

案外必要ないことしちゃってるんです!!

僕の場合は・・・

スマホやテレビ、愛想で付き合う飲み会、必要以上の残業

あなたの目標につながらないことはやらない。。。。

いやー

飲み会とか、残業とか仕方なくない??

とか思いましたが

これができると、一気に加速しました。!!

ノーリスク起業はあった(できた)

経験

ノーリスクってどんな意味でしょうか??

借金しなければオッケー?

元金が戻ればオッケー??

逮捕されなければオッケー??

副業する時に悩んでいる僕が周りにいただいたアドバイス

  1. そんな美味しい話無いよ
  2. 結局お金かかるんじゃない??
  3. それって合法なの??
  4. 騙されてるんじゃない??

①、②、④はお金が無くなるリスク

③は違法行為に手を貸してしまうリスク

他にありますかね??

うつむく ふさぎこむ

僕は結局

「とりあえずやってみよう精神」で、自分のお小遣いを投入しました

すると、お小遣いはすぐに取り返えせたんです。

そして、結局勉強代も半年以内に取り返せました。

あくまで行動したからですが、

もしお小遣い1回か2回分が無くなっても、僕はそんなに困らなかっただろうし、

その先に副業収入があるなら、必要な出費と経験とかなと思ってやってみた感じです!

つまり、

最初にお金を使いました。

そして

時間を使って行動しました。

すると

使ったお金が帰ってきて、勉強した経験や知識を得ることができました。

この時点で『お金の元手は取れてる』と僕は感じました。

どうでしょう??

その後副業で収入が得れて、脱サラまでできました。

これって結果完全ノーリスク!に感じませんか?

やはりポイントは

情報を得て

お金と時間を使える範囲で使い

とにかく行動。

失敗しても経験として修正し

目標を達成する。

ここまでの流れを頭において行動できるかどうか。

リスクをどう捉えるかで変わってきますので、

ぜひ自分のできる範囲を明確に

自分の目指す目的地を明確に!

ノーリスクで脱サラした流れはこんな感じでした。

今回も読み進めていただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です