⇩月収50万を稼ぎ脱サラへ突き進んだ方法は画像をクリック⇩

悩んで不安で動けない!そんな時は『0を知る』と動き出せる!!?

うつむく ふさぎこむ

こんにちは、ゆーひです。

新しいことを始める時

どうしても不安で一歩が出ないことありませんか??

そんな時は

自分にとっての『0を知る』事が大切でした!

私も自分の『0』を知ったことで、

  • 無理のできる上限が分かる
  • リスクをほとんど感じない
  • 成長に集中できる

こんな変化が!!

そして

脱サラするための一歩を踏み出すことができました!!

後先を考えて不安になった時は、

挑戦に対するリスクを明確にすることで、

自分のボーダーラインがわかるので

悩んだときには本当に効果的でした。

この記事を読んでわかること…

・あなたの『0』がわかります

・あなたのリスクの範囲がわかります。

・新しい挑戦をしてもいいとわかります。

・今後も挑戦を続けることができます!

『0を知る』って??

あなたにとっての『0を知りましょう!』

ゆーひ

はい???

『0』って何??

私はこの話を教えてもらったとき、ただただ意味がわかりませんでした。

でも後々効果抜群だったんで、今でも「これこれ!」って思っちゃいます!

ここで言う『0』とは・・・

あなたにとって『下回ってはいけない最低の状態』のことです!

つまり!!

『0を知る』ということは

あなたにとって生活ができる最低の状態を知る』ということでした。

最低限生活ができるラインを知ることで、

あなたの行動を妨げる不安を一気に解消できるかもしれません!!

あなたの『0』を考える

考える

人によって『0』=『下回ってはいけない最低限』は違います。

独身の場合は、家賃+食費+光熱費で最悪何とかなりますし、

家族がいると固定費が増える+生活雑費が増える+学費となります。

つまり、

僕の『0』にかかる費用はこんな感

ゆーひの『0』(最低限の生活)に必要な金額

家賃7万円(子供二人の為2DK以上必要かな?)

食費月3万円

光熱費1万円 

スマホ1万円 

雑費3万円 

自分に15万円/月の稼ぎがあればなんとかなる。

これなら妻に相談できる!!

すごく簡単に計算しましたが、

この最低限を思い描くこと・もしくは体験することはすごく大切なことでした。

ということで、私の考える最低限の生活はなんとか月15万円必要!!!

では、この最低限の生活ができる方法を考えます。

時給1000円のアルバイトを1日8時間×20日=16万円

社会保障などはないが、妻も働いてくれていたので扶養で子どもは医療保険ありになる。

つまり、アルバイトさえできれば何とかなる!!!

どんな状態になろうとも

自分がアルバイトで働きに出れば問題ない!!!

とわかりました。

この考え何に役立つか?

『0』の為には

僕がアルバイトに行けさえすれば何とかなるとわかりました!

すると、

副業したい!

でも失敗が怖い・・・不安で仕方なくなったとしても

ゆーひ

借金さえしなければ、本業を継続できる!

『0』には程遠い!

じゃあ余裕!!

よし!やってみよう!!

また、脱サラするか悩んだ時…

ゆーひ

本業を辞めて、起業して失敗したとしても

借金が無い範囲で行動すれば

アルバイトさえできれば『0』以下にはならない!!

よし!やってみよう!!

さらに資格があれば、会社勤めさえできれば全く問題ない!!

このように考えられた私は、

この時点で脱サラに向けて走り出すことに何の不安もありませんでした。

ぜひ!

あなたの『0』を考えてみてください!!

独身であれば、本当に最低限の生活にかかるお金は

さらに少額でいけます!!!

最低限の生活に必要な金額が少なくていいなら、

働く時間を減らし、時間を自分の成長に充てることだってできます。

そしたら再チャレンジできたりも!!!( ´艸`)

こうなると

経験は全て成長ととらえられるようになるんです。

原則は収入≧出費

お金 こすと

『0』を考えるときの注意点。

先程さらっと「借金しなければ」と書きましたが

まさにこれこそが守るべき原則!

収入≧出費を守るです!!

当たり前ですかね?

これは生活・起業における鉄則です。

この原則を守らずに突き進んでしまうと、『0』以下になってしまいます。

出費が収入を超えると、それは赤字です。

借金せずに赤字を続けることは不可能よね?

だから借金しない!

借金を背負って何かを始めない。

自分のできる範囲

『0』を守るために収入≧出費の原則が必要でした!!!

『0』を知って行動してみましょう!

どうですか??

『0』を想像できましたか??

僕にとってですが

「CHANCE」(著者:犬飼ターボ)という本に

主人公が『0』を体験する場面が出てくるのですが、

すごくわかりやすかったのでたとえ話に取り上げます。。。

主人公はひょんなことから、成功者(メンター)に出会います。

主人公は成功者に成功の秘訣を教えてもらうため

2つの課題をこなすように言われるんですが、

その内の1つのが、

「路上生活者と24時間をともにする」

というものでした。

そこから24時間

主人公は路上生活者の人と時間を共にします。

優しくされ、話を聞き、生活を知った主人公

この課題を終えた時の感想が

「こうすれば生き延びることができるんだ!」

これぞまさに『0』を知る。

失敗しても何とかなる!

それを知ることで

『ここまでなら失敗できる。』『ここまでならギリギリやっていい!』

そういうラインをしっかり把握することができるんです!!!

あとはあなたはやりたいことをやるだけです。

「失敗は成功の母」

「PDCAサイクルを回す」

色々な言葉がありますが、

結局は行動してから分かることが多いということです。

つまり行動しなければ何も始まらない!!

だから

行動の一歩を踏み出すために、

あなたの『0』をしっかり把握して、進んでみていただけたら幸いです。

もし『0』を把握して、次に進みたいとなった時

何していいかわからなければ

僕はこんなことをしてました✨

ぜひ、少しの前進をこれからも!!

今回も読み進めていただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です