⇩月収50万を稼ぎ脱サラへ突き進んだ方法は画像をクリック⇩

育休取ればよっかた!!脱サラした今思うこと。。。育休取得のデメリット解消法

育児 赤ちゃん 

こんにちは、ゆーひです。

現在僕は2人の子宝に恵まれ、家族との時間をゆとりをもって過ごすために脱サラをして在宅ワーカーをして働いています。

脱サラするきっかけは家族との時間が欲しいと思い副業を始めたこと。

副業収入は開始3ヶ月で月収50万円を達成し、一気に脱サラまで突き進むことができました。

そんな僕が、いろんなお話を聞く中で、

やっぱり育休を取得したかったなと強く思うことがありました。。。

しかも今考えると、

育休のデメリットを感じることなく育休を最大限に有効活用できるんじゃないかと感じたんです!!

僕は育児休暇取得を考えもしませんでしたが、今はその判断に後悔しかありません。

家族との時間を優先したい方にとって、本当に有効活用できるんじゃないかと思うので、

今回はなぜ育児休暇が家族との時間を作ることに有用なのかを書いてみます!

男性の育休のメリット・デメリット

男性の育児休暇をよく耳にするようになりましたよね。

そして夫の育休取得を望む女性は90%に及ぶようです。

そんな中、取得できている男性は全体の6%程度・・・なんと10%にも満たないそうです。

たしかに育児休暇を取りたいけど取れない。。。そんな気持ちはわかる気がします。

実際僕が会社員だった時の上司は、女性が特有の体調不良や育児休暇で休むことすらブツブツ言ってたし。。。

なんなら子どもの体調不良で男性職員が休むなんてなると、一日に何回愚痴を聞くんだというくらいブツブツ言ってました。

ゆーひ

正直こんな状態で「育児休暇を取得したいんですが・・・・」なんて言えねぇ

そんな気持ちになってました。

更に面白いのは、育児休暇取得を果たしたパパに対して不満があったママが一定数いること

これは、役に立たない「とるだけ育休」と言われています。

脱サラした今

ゆーひ

でも育児休暇は本当に有効活用できる!!

強くそう感じました!

そのためにはまずメリット・デメリットを把握してみるとわかりやすくなりました!!

育児休のメリットとは?

洗濯

育児休暇を取得することでパパが家にいることができる!!

育児休暇のメリットはまさにこれ。

なぜかと言うとパパが家にいることで色んなことができます。

パパ自身もいろんな体験をすることができますし、

なにより、家族と過ごす時間がいろんな思い出を残してくれます。

ということで・・・

育児休暇のメリットは次のようなものが挙げられます

  • ママの負担軽減
  • ママパパの育児レベルがある程度揃う
  • 子育てや家事の大変さを理解することができる
  • 子どもと過ごす時間が増える

さらには、支給金制度や減税制度などが設けられているため

一定の収入を得ながらしっかり家族と過ごすことができるのが本当に素敵だと思います。

育児休暇のデメリットって?

育児休暇のデメリットとしては次のようなものがあると聞きました。

  • 収入が減る
  • 出世への不安・影響が出そうという懸念
  • 復職時に仕事についていけるかという不安がある
  • 取得前の嫌がらせや発言が怖い

このような将来の金銭面や取得前後の不安が多いですよね。。。

僕は経験が無いので想像になってしまいますが

ゆーひ

確かに思うよなぁ、職場での立ち位置とか大変そう。。。

そんな風に思ってしまいました。

女性の育児休暇も一緒なはずなんですが、

どうしても男性の育児休暇が少数のイメージでまだまだ周りの目が気になるし、

仕事から離れることで出世するイメージが持ちにくくなるんだろうなぁと想像してしまいました。

実際のところは、わかりませんが・・・

そういう声も聞きますし、不安を持ったまま育児休暇期間を過ごすのも辛い

そう思います。

このようにメリットとデメリットを並べてみてどうでしょうか??

育児休暇の取得どうしますか??

僕は間違いなく育児休暇取得!です。

なぜなら、家族と過ごす時間は「今」しかないから。

僕の息子は今前歯が2本抜けてて、笑顔がめちゃくちゃチャーミングなんですが

気づいたらもう歯が出てきてるんです!

息子のこんなチャーミングな顔はもう一生見れないんです( ´艸`)

だからこそ「今」を大切にできることが本当に大切と思います。

なので、デメリットを無視してでも『今』のために育児休暇取得をしたい!!と思っています。

脱サラした僕が感じるパパが家にいる効果

家族団らん

なぜ僕が、会社員時代にはネガティブにとらえていた育児休暇取得を望むようになったのか?

それは「今」の大切さを実感したからでしたでした。

実際、会社員時代は休みは家族と過ごす!

そしてそれ以外はしっかり働いて、少しでもお金を稼がねば!!

そういう思いが強かったんです。

ではなぜ、『今』を大切にしたいと思ったのか?

それは間違いなく家族との時間を経験したからでした。

子どもはママが大好きです。

実際小学4年生まではママが全て!とも聞いたことがあります。

それでも脱サラして家族と過ごすようになったことですごい変化がありました。

パパが家にいることでできることがあるんだと実感したんです!

パパが家にいる効果はコチラでぜひ!

暖かい家庭

簡単に言うと

パパが家にいる効果はいくつもあって、僕が実感したのは次のようなものでした

  • みんな穏やか 
  • 毎日が楽しい 当たり前が幸せ
  • 本が好きになる
  • 勉強や練習がしたくなる
  • 夫婦が将来を考えられる

こんな効果がパパが家にいるだけでもあったんです!!

さらに育児休暇を取得すると、夫婦、子どもとの時間が手にできるんです。

なので、脱サラした今育児休暇の取得をもっと真剣に検討すべきだったと本当に後悔しています。

育休のデメリットはこうすれば解消できそう!

もしデメリットが無かったら育児休暇取りますか??

そう質問されたとしたら、あなたはどう感じますか??

僕はとります!

ではデメリットをどう無くすか?

まず考えられるデメリットは以下の通り

  • 収入が減る
  • 出世への不安・影響が出そうという懸念
  • 復職時に仕事についていけるかという不安がある
  • 取得前の嫌がらせや発言が怖い

このデメリットたちを解消するためには何が必要か?

それは、『お金』じゃないですか?

お金があれば、収入への不安感が無くなりますよね?

すると出世しなくてもよくなりませんか?

「復職時に仕事についていけるか不安」も「取得前後の不安」も

自分の会社での地位が下がり、将来の出世や働きやすさに影響するから不安!

ではないでしょうか??

ということはお金があれば、収入があり出世もしなくていい状態ができます!

デメリット無くなりますよね!!

デメリット解消大作戦

ステップアップ 学習

デメリットを解消するために必要なもの、それは『お金』!

育児休暇取得のデメリットを解消するために必要なものが『お金』だとすると・・・

問題になってくるのは『お金をどうやって手に入れればいいか?』です

今が育児休暇中だとすると、時間を使って働きに出るのは本末転倒( ´艸`)

というかダメですよね??

そんなとき副業収入を持つという考え方があるとどうでしょうか??

副業なんて育児休暇中でも大丈夫なの?

そう思うかもしれませんがこんな決まりがあるようです⇩

副業で収入を得たとしても、原則休業中に受け取る賃金が通常の8割を超えないこと、1カ月の就労日数が10日を超えない、もしくは80時間未満であれば減額や不支給にはならない

だから副業はできる!!小規模であれば!

しっかり副業を始めてしまうと減額対象になってしまう気がしますので注意ですが・・・

つまり脱サラした今、僕が思うことは・・・

ゆーひ

育児休業で得た時間を元に、副業の準備を始めちゃいませんか?

ということなんです!

実は、これが僕が育児休暇を取得をすればよかったと後悔した大きな理由の一つです!!

つまり、児休暇を取得してできた時間の少しを使って副業準備しませんか??ということ!

これこそが、育児休暇のデメリットを解消する方法なんじゃないかと本気で思ってます。

ちなみにこんな感じの流れを考えてました・・・

  1. 育児休暇取得時もしくは取得前から副業準備をする。
  2. 育児休暇中に家事・育児の合間を見つけて副業を開始
  3. 育児休暇が明けるころまでに副業収入を確実なものにしておく!

こんな感じ!!

すると、金銭的余裕が生れます。

すると、職場や出世に固執する必要がなくなる。

すると、時間が生れる!

すると、家族とも一緒にいれるし、家族優先にしながらもしっかり仕事もできる!

この環境、良いと思いませんか?

僕は本当に良いと思っていて、できてなかった自分を後悔しています。。。

もっと早く家にいることを決断すればよかった

僕は会社員をしながら副業を始め3ヶ月で副業収入50万円を達成することで家族とのゆとりある時間を求めて脱サラしました。

この時子どもは5歳と3歳!

つまりそれまではそこそこ忙しく働いていたんです。

だから0歳~3歳まではスケジュールも仕事優先。。。

本当にこれが辛かった…

だって育児休暇を取得すれば、子どもが0歳の頃から一緒にすごせるんです。

成長をより味わえるし、妻とも共有する時間が多い分、家族の中がさらに深まったと思います。

正直、今の生活は家族との時間があふれていて本当に充実しています!

だからこそ、もっと早く家族とゆとりある時間を目指していたらと思ってしまいます。。。

そして、有給休暇をとると家族との時間を犠牲にすることなく

脱サラに向けて走り出せたんじゃないかと思っています。

僕自身は順調にここまでこれたと思っていましたが、振り返ってみると

脱サラ準備で副業を開始した時はり時間に追われてイライラしてしまうことが結構ありました・・・

育児休暇中の過ごし方を工夫すれば、このイライラは無くなってたんだと思います!

だからこそ、今そのチャンスにある方には、本当におススメしたい!!

そうすることで育児休暇中は家事・育児をしながら副業準備をできるということになるんです。

これって本当にすごい!!

やっぱり情報が無いとダメなんだなぁとしみじみ感じました。

今なら絶対にこうやりたい!

かっこいい

僕は脱サラに向けて、『会社員+家事育児+副業準備・副業』の道を進んできました

でももし育児休暇をもっとしっかり考慮していたなら

  • 育児休暇前・・・・・『会社員+家事+副業準備』
  • 育児休暇中・・・・・『家事育児+副業準備→副業開始』
  • 育児休暇終了前・・・『家事育児+副業』
  • 復職後・・・・・・・『会社員(家族優先)+家事育児+副業』

こんな感じにやりたい!!

だって、めちゃくちゃ効率的だから!!

ただ、復職後が結局忙しくない??って思うかもしれません!

でも実はこれが今回のポイント!!

副業ってアルバイトでもいいですよね?

でもそれじゃ絶対的に時間がたりない!!

だから、仕組み化された副業を選ぶべきだったんです!

僕の取り組んでいる物販は1日2~3時間しかもスキマ時間の作業で月収50万円を達成しました。

すると『会社員+家事育児+(スキマ時間に副業)』こんな感じになります

だから家事育児と仕事を優先できます!

すると子供の成長を感じるなどの育児休暇のメリットを継続できるんです。

めちゃくちゃスムーズに副業準備ができて、副業収入さえ得られれば復職だって怖くない!

さらに家族と楽しむ時間までゲットできる!

本当に育児休暇取得を検討すると良いこと尽くめだと今思っています。

ちなみに、育児休暇のデメリットの解消として『お金』を問題点に挙げましたが。

家族の幸せに直結するのは『時間』だと思っています。

『時間があれば何でもできる』

家族と過ごすことも、自分の時間を持つことも、さらにお金を稼ぐこともできます。

だから『お金』に縛られてせっかくの『時間』が無駄にならないように

いかに『時間』に縛られずに『お金』を手に入れるかも考えていくと育児休暇後の家族との時間がさらに充実したものになると思っています。

そんな僕が脱サラに向けて動き出した僕が会社員時代に副業を始めることができ、

さらに副業で3ヶ月で50万円の成果を出せたのは『物販』に出会ったからでした。

その50万円を稼ぐきっかけをこちらにまとめてますので、良かったら見てみてくださいね!

参考になれば幸いです!

今回も読み進めていただきありがとうございます✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です