⇩月収50万を稼ぎ脱サラへ突き進んだ方法は画像をクリック⇩

気づくと子どもが読書をしてる!そんな環境を作るのに脱サラが効果的だったわけ!

本 読書 楽しい

こんにちは、ゆーひです。

僕は家族とゆとりある時間を過ごすために在宅ワーカーをしています。

勉強が苦手で「やらなければ」という気持ちのみで勉強していた、僕でも副業や脱サラの勉強はめちゃくちゃ楽しかったんです。

なので、自分の子どもは勉強嫌いにならないようにしたい!

そう思っていましたが、会社員時代はなかなかうまくいかなくて。。。

でも脱サラをして家族と過ごすようになったある日

なんと、

横で子ども2人が本を読んでる!!

またある日は、2人でタブレット教材に取り組んでる!!

なに気に目標達成???笑

やっぱり子供と一緒に過ごすことには、すごいパワーが秘められていました。

脱サラで子どもが勉強しだした!!!

そのエピソードを書いてみたいと思います

ふと横を見ると「本読んでる!!!」

読書 ゆっくり ゆとり 流れ

ある日、子どもが帰宅してご飯の準備をしていたんです。

わが家には子どもが2人

兄と妹がいるんですがこの2人めちゃくちゃ活発なんです!

どれくらい活発かというと。。。

スーパーでは確実に一度ははぐれます( ´艸`)

でも元気すぎてすぐに見つかります💦

そんな2人がいるのに、ご飯を作っていると・・・

家の中が静か。。。

ゆーひ

ヤバい!脱走か!?(家の外に飛び出したのか??)

そう思い振り返った先で、なんと!!!!

床に座って無言で本を読む2人!?

ゆーひ

何が起こった!?

現実が直視できない僕。。。笑

あまりに集中しているため、邪魔はせず、様子を見て家事を続けました。

すると本を一冊自分で読み切ったんです。

兄は「かいけつゾロリ」で妹は「鬼滅の刃」です。笑

僕はまだ現実が把握しきれず・・・

ゆーひ

「ご飯食べよかー」笑

そしてさらに驚きの事実。

小学生の兄は最近

休み時間に図書室に行き先は本を読んでるそうで、もう50冊以上読んでるとのこと。

(サッカーとドッジボールが大好きなのに)

「天才や〜」でした。笑

勉強嫌いにならないように頑張った会社員時代は今思うと・・・

ノウハウ 知識 情報

実は本を読むようになったのは脱サラ後の話なんです。

それまでの会社員時代というと。。。

僕自身が副業の勉強が楽しくなって本を読むようになり、

無理やり子どもに本を読ませようとしました。

そんな僕は、いきなり・・・

ゆーひ

よし本読もうか!

直球、、、

この時の僕は

完全に自分の都合で子どものことなんか考えてなかったんだなぁ

今になると恥ずかしすぎて笑えます💦

そんな時の子どもからの返答は

息子

結構です!

で終わりでした。笑

これは勉強でも同じようになっていて

ゆーひ

よし、ワークしよか!

直球。。。

息子

結構です!

で終わりでした。

勉強を「勉強と感じない」ように、「楽しいの延長線上に」など、

聞いた言葉を意識したつもりでしたが

あまりにノープランだったことに笑えてきました💦

この時は

時間がなかったから焦ってたのかな?

子どものためにとか思うけど時間が足りない。そんな感じだったんだと思います。

いやー本当に恥ずかしい、、、笑

「勉強させる」を辞めてみた!

親

勉強させるを辞める=「勉強をさせない」ではないです。

実際、今でも子どもはワークに取り組んでいます。

何が変わったかというと

「やらないとダメ」とは思ってないことです。

この変化がなぜ起こったかというと

言われてやることがなくなったから!!。

かなり主体性が高く

就寝時間までを逆算して、自分で少しだけでも取り組んでくれています。

本当にポイントは「勉強させる」を辞めたことでした。

この取り組みが上手くいったヒントはまず勉強って何?でした。

勉強

①精を出してつとめること。

②学問や技術を学ぶこと。さまざまな経験を積んで学ぶこと。

(出典元:広辞苑)

これらからわかるように勉強って

「やらされるもの」でも「やらなければならないもの」でもなかったんです。

②のように学ぶこと・経験することということだったんです!!

つまり

自分の疑問や好奇心を満たすためにやる。

だから、

僕は副業・脱サラの勉強が楽しかったんです✨

なので

楽しい気持ちを大きくしてあげることが重要!

そのために時間を使ったんです!!

すると子どもたち自身で取り組みを始めてくれました

まぁしれっとやらない日もありますが。笑

やっぱり楽しいは最強!!

楽しい 夢

やっぱり楽しいとか・興味があるってすごいなぁ

と感じることがあります。

ある日ニュースで月食を見て、

息子

すごい!!実際どうなるの??

ゆーひ

よし、月を見に行こう!望遠鏡を買おう!

息子

他の星はどんなのなの??

ゆーひ

それはね、、、、〇〇でね…

そういや月って漢字書ける?

星はいくつあるか数えてみよう!

29のつぎは~・・・・・50!?

あれ?

ゆーひ

んじゃ帰り道に歩数を数えながら歩こうか♫

またある日は

ドローンを飛ばして

なんで飛ぶの?すごく風が来るんだけど?

電気って何?モーターって???

ダラダラすみません。笑

これ、大人にすると当たり前ばっかりかもですけど、

子どもは興味津々!

常にクイズ番組状態!

でもこれを続けると

  • 気づけば100まで数えてる
  • 気づけばカタカナ・漢字書いている
  • 気づけば計算している
  • 気づけば自分で調べてる

楽しいと知識はどんどん増える!

でもこの時間

大人からすると、なかなかもどかしい時間かも!?

でも

費用対効果を考えるとめちゃくちゃ良い投資なんです!

会社員時代には気づけませんでした💦

だからじっくり付き合ってあげる余裕がすごく大事!!

親がゆとりを持って楽しくクイズをすると本当に子どもは楽しい!

楽しいから知識・技術・経験を手に入れる!=これが勉強!!

やっぱり楽しいは最強でした!

「気づけば本を読んでた」を作った環境

学習 やりたいこと

この環境が決定的!!というのはありませんが、

一番大事なことは”ゆとりある時間”でした

その時間を使ってわが家でやったことは

  • わからないことを必ず調べる
  • 親が本を読む
  • 読み聞かせをどんどんする

子どもが疑問を投げかけると、必ず一緒に調べます。

そして情報を共有。

また、

空き時間には僕が自分の本を読みます。

すると本って楽しいの??と聞いてきたり、自分で本を覗いたりしだします。

あとは読み聞かせ!

夜寝る前に必ず読み聞かせをします。

でも「聞きなさい」なんてことはしません。

わが家の就寝時間は9時!

でも読みたい本を読むなら9時半までなら寝室一緒に過ごそう。

最初はそんな条件で始めました。

今では子供がその日読んでもらう本を選んでくれています。

そんなこんなで、

楽しく過ごして、子どもの楽しい・やりたいを伸ばしていける

こんな時間や環境をいかに作るか

それを考え出すと、気づけば横で本を読んでいました!!!

この驚きは本当に僕の中では最上級でした。笑

そんな、家族との時間を手に入れた方法を

書き綴ってみました✨

子どもと楽しく過ごしたい!

どんどん好きなことをやっていきたい!

そして家族との時間をしっかり感じていきたい

そんな希望の世界を叶えた方法を見てもらえると嬉しいです✨

僕自身も継続して!楽しんで「勉強」していきたいと思います。

今回も読み進めていただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です