⇩月収50万を稼ぎ脱サラへ突き進んだ方法は画像をクリック⇩

燃えつき予防・挫折予防に効果絶大!!自分を他人を『ねぎらう』!

ねぎらい

こんにちは、ゆーひです。

僕は今、家族と一緒に過ごす時間を求めて脱サラし

在宅ワーカーとして家で仕事をしています。

実際僕が脱サラに向けて動き出したのは2年前

動き出してから1年で脱サラできたのは・・・

頑張ったから!

ではなく

止まらずに進めたからでした。

頑張りたいのに頑張れない・・・なんだかやる気がでない

そんなことってよくありませんか??

これって燃えつきなんです!

燃え尽きると、そこで止まってしまったり

最悪、そこから動けなくなってしまうこともあります。

しかし!!

ねぎらうことを学んでからは燃えつきる心配が激減しました!

目標達成の一番のポイントは継続!

燃えつきを無くせば達成できました!

目標が達成できない原因の1つは続かないから

その為にはねぎらいが効果抜群でした!

でもねぎらうだけでうまくいくの?思った方ぜひ読み進めてみてください

『ねぎらう』について

「ねぎらうことは大切」

言葉としては聞いたことがあるし、大切だよねって思うと思います

ちなみに

ねぎらうって何?と聞かれて

スッと答えられますでしょうか?

ねぎらう

(古くは下二段にも活用)ほねおりを慰める。労を謝する。 (出典元:広辞苑)

謝する

①あやまる。わびる。謝罪する。

②礼を言う。感謝する。

③いとまごいをして立ち去る。また、任を退く。

④ことわる。謝絶する。

⑤報いる。恨みを晴らす。 (出典元:広辞苑)

つまり

『ねぎらう』は『労(ほねおり)に感謝すること』

どうでしょうか??

まぁそうだよねって感じですかね?✨

よくあるねぎらいの間違い方(結果にフォーカス)

あやしい

ではあなたは、どんな時にねぎらいますか??

実は、ねぎらう時に注意する点があり

さらには

燃えつき・挫折予防の観点で言うと

だいたいの方が改善の余地があるということだったんです!

その間違いとは

良い結果に対してねぎらうということでした!

自分や子どもに対し手がわかりやすいんですが、

「(仕事を)完璧にやり切ったね!よくやった!」

とか

「(こどもに) 100点取ったんだね!がんばったね!」

この2つのねぎらいは良い結果に対してねぎらっているんですが

わかりますか??

あなたはこのねぎらいやってませんか??

ねぎらい方について

「良い結果に対して」のねぎらいに改善の余地がある・・・

その改善方法は

結果へのプロセス全てでねぎらうことができる。

つまり結果の良し悪しに関わらず、ねぎらうことができるということでした。

その理由を理解するには

結果までのプロセスを理解することが必要でした。

結果までのプロセス

結果って何もしなければ出ないですよね??

当たり前ですが

行動があったからこそ結果が出るんですよね。

そして

その行動は、あなたが“やろうと思わないと”行動に至りません。

さらには

やらないといけないと“気づかない”限り、やろうとは思わないんです。

つまり

結果

行動

意欲(やろうと思う)

気づき(必要だと気づく)

このプロセスがあるからこそ、結果が出ているんです。

プロセスをねぎらうとは??

気づき⇒意欲⇒行動⇒結果

この結果までのプロセスで

どこかのフェーズが上手くいかなかったとしても・・・

実は一つ前のフェーズは完了していませんか??

完了しているんです( ´艸`)

だから、できていた部分をねぎらう!

例えば

テスト50点だった

⇒しっかりテストに向けて行動をしたんだね、頑張ったね

ブログを書こうと思ったのに書けなかった

⇒書く必要性を理解して、各意欲を持てたんだね!すごい!

家族とゆっくり過ごすには副業が必要だけど不安。。。

⇒自分の目標のために副業が必要と気づいたんだね!いいね🎵

こんな感じで、それぞれのフェーズをねぎらう

すると、自分の気づき・意欲・行動をしてよかったんだと

思えます。

自分はダメだと思い、燃え尽きたり・挫折したりしてしまうので、

プロセスをねぎらうだけで、予防になるんです!!

意識的にねぎらってみた

キス 大好き 親バカ

プロセスをねぎらうことを意識的にやってみると・・・

寂しがり屋の娘が笑顔になり

遊びたくて、片付けや宿題を後回しにする息子が、スケジューリングするようになりました✨

自分もゆとりある家族の時間を求めて、

今まで行動を続けることができてます✨

そんなねぎらいをいくつか取り上げてみます✨

気づきへのねぎらい①

娘が言うことを聞かないので、叱ってしまった

しっかり娘の言い分を聞ければよかったのに・・・

⇒叱らずに話し合えればよかったと気づいたことが素晴らしい!

へのねぎらい②

脱サラしたいのに、何をしていいかわからない・

⇒脱サラするには現状では足りないと気づいていること自体がすごいですね。

意欲 へのねぎらい

小学校から帰宅した息子が、ランドセルを開けたけど、遊びに行ってしまった。

⇒ランドセルを片付けないといけないとは思ってたんだね✨偉いね!

意欲 へのねぎらい ②

脱サラするためには、準備をしていかないといけないと思うのに不安で動けない。

⇒脱サラをするために準備しようとする意欲が、素晴らしい

行動 へのねぎらい

副業を始めたけど、上手く売り上げが上がらない。

⇒副業を始めて行動していることが素晴らしい。この行動は結果につながるので✨

ねぎらいへの疑問

いくつかの例えを見てもらって疑問点が出た方もいるかもしれません。

実際僕は、ねぎらうことに抵抗がありました。

なぜなら、

結果が出ていないのに『ねぎらう』と上手くいかない気がしたから。

結果が出てこそねぎらうべきだ!とすら思っていました。

でもそうじゃなかったんです!

それはなぜかと言うと

『結果=目標を達成するためにはプロセスが必要だからです!』

燃えつき・挫折によってプロセス自体が破綻してしまっては

結果も何もないからでした

では、僕がプロセスをねぎらうことに対して思った疑問点

そしてその疑問の間違いを紹介します。

疑問①:そこで止まっちゃうんじゃね?問題

実はこれ、頑張って頑張って燃え尽きちゃう人の典型の考えだったんです💦

先程、結果へのプロセスをお伝えしました

結果⇐行動⇐意欲⇐気づき

でしたよね

止まっちゃうと感じている人は

【結果=行動=意欲=気づき】こんな風になっているんです

こうなっていると、一つのフェーズでねぎらってしまうと

すべて止まってしまう気がするんです。

でも、実はすべてのフェーズは別々で、しかも進んでいくイメージ

自分が進んでいることを認めてあげると、さらに進んでいけるんです✨

だから、ねぎらっても止まったりしません!!

疑問②:クオリティ落ちんじゃね?問題

結果が出ていないのに『よくやってるね』とか言っちゃうと

そこでオッケーになってしまいそう…そんな風に思っていました。

でも実は

『ねぎらい』=結果が出て臨む状態になったということでは無いんです。

望む状態に向かって走っていることを認めている・褒めているという感じ

認められて・褒められたら、走っちゃうんです✨

だからねぎらってもクオリティ落ちません!

というか、走れちゃうのでクオリティ上がる効果があるみたい!!なんです✨

疑問③:満足しちゃうんじゃね?問題

実はこれは根本が別問題ということ!

結果を求めて、気づきから動き出したプロセス

このプロセスを始めた理由は

結果=目標(望む状態)を手に入れたいからですよね?

だから

望む状態になってなければ、そのまま継続すればいいだけなんです。

満足するかは選べる!

ということなんですね✨

ねぎらって進むための最大のポイントと注意点

さて、ねぎらいについてお伝えしていますが、

『ねぎらい』を取り入れて燃えつき予防・挫折予防をする上で

一番大切なものがあります!それは

目標設定!!

目標に向かって進む

先程僕の疑問点についてお伝えしましたが、

止まらないためにも、クオリティを保つためにも、

望む結果=目標があることは重要でした。

望む結果があるから『ねぎらい』でどんどん進んでいけるん出す!

だからしっかり望む状態=目標を思い描いて

しっかり『ねぎらい』ながら進んでいくといいということですね!

これを実感した経験があります。

注意!目標を決める前にねぎらった僕の失敗談

悩む

僕が脱サラした後なんですが、

在宅ワークで仕事をしている時に

『もっと収入を増やして、家族といろんな経験をしたい』

こんな思いが出てきたんです。

本来ならここで、

望む結果= 『もっと収入を増やして、家族といろんな経験をしたい』

に対して、明確な目標設定をしなければいけませんよね?

それをせずに、進んじゃったんです。

それなのに・・・

しっかり自分を『ねぎらう』んです。( ´艸`)

すると、まさに慢心状態!ピタッと止まりました!

というか

サボりまくる( ´艸`)

ゆーひ

よくやってる!だから休憩!

ゆーひ

気づけてえらいねぇ✨オッケーオッケー・・・よし休憩

ゆーひ

やろうと思ってナイスだね!・・・よし休憩!

今思うと、やばいやつ!!( ´艸`)

休憩何時間あるんだ?

そんな日を何日か過ごしたことがあります。

ゆーひ

ヤバイやる気が出ない!動けない!!

なぜだ??💦

そう思ったとき

『大丈夫だよ。目標設定を見直してみよう!』とアドバイスをもらって

望む状態に何が必要かを書き出しました。

するとゆっくりだけど、進むんです!

サボりにサボって止まっていたのがウソみたい

今も休憩は適宜しますよ( ´艸`)

でも、進むんです✨

やっぱり目標設定は本当に大事!!そう実感しました。

目標に向かって進む

ねぎらって燃えつき知らず・挫折知らずで成功へ

リゾート リタイア

ここまで長々と書き進めてきましたが、

目標設定が明確であれば、ねぎらうことでしっかり進めました!

自分を追い込んで

結果だけにフォーカスして走り切れる人もいるのはいます!

(聞いた話ですが、走り切れる人は2割しかいないみたい)

でも、燃え尽きたり・挫折してしまって

そこで立ち止まってしまうと、失敗になってしまいます。

自分の望んだ状態を手に入れるためには

明確な目標に向かって歩き続けること

いつか目標は叶います。

なので、ゆっくりでも少しずつでも進んでいけるために

しっかり自分を『ねぎらう』ことは重要でした!!

今回の『ねぎらい』を勉強するきっかけになったのは

脱さらを知ったきっかけのセミナーに出会ったからでした。

このセミナー自体も、挫折に対しての取り組みが本当に充実していて

「止まってもいい、その後にでも少しずつでも進んでいこう」

そんな声掛けをもらいながら、進んでいけました。

自分をねぎらい

同じ志を持つ人々に刺激され今があるんだなぁと実感しています。

あなたもぜひ!

自分の望む状態を手に入れるために!

目標設定と『ねぎらい』を取り入れて見てくださいね🎵

目標に向かって進む

今回も読み進めていただきありがとうございます✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です