⇩月収50万を稼ぎ脱サラへ突き進んだ方法は画像をクリック⇩

物販の健全経営!数値管理で1日3時間で脱サラできた話

IT化

こんにちは、ゆーひです。

僕は今脱サラをして、家族との時間を楽しく過ごしています✨

そして

在宅ワーカーとしてさらに時間を手に入れられないか画策中です( ´艸`)

そんな僕が脱サラできたのは『物販』ビジネスに出会ったことがきっかけでした。

今は『物販』ビジネスを副業から始めて現在は本業として取り組んでいます。

実際に売り上げが順調に上がっていて、会社員時代と比較すると

かなり時間にゆとりのある生活できています。

ドライブ 覗く

そんな『物販』ですが

副業の時から1日の作業時間は2~3時間程度なんです。

(ちなみに今もです✨)

なぜこれほど短時間で済んでいるかというと

『物販』というビジネスの特性と、もう一つ!!

管理の仕方にポイントがありました✨

それは重要な数値のみを管理するということ

今回は物販ビジネスを効率よく健全経営してきた数値管理についてお伝えします。

僕の物販実績。1日2~3時間でたたき出した月収50万円

会社勤め

僕との『物販』との出会いはあるセミナーに参加したことから始まります。

ちなみにコチラ⇩

物販ビジネスを始めた頃は、本業の変わら副業としてスタートしたので

仕事が終わり帰宅して、子どもの寝かしつけや一通り家事が終わってから作業をしていました。

不慣れな作業や準備作業が多かったんですが

それでも1日2~3時間だけで済んでました✨

作業に慣れてくると、さらに効率化されていきます。

僕の行っていた『物販』は『電脳せどり』という分野で

ほとんどがインターネット上で完結するため

電車の中や仕事の合間に作業できるようになっていったんです✨

そんな風に1日の中に合計3時間ほどの時間を捻出していくだけで

なんと開始3か月で月収50万円を達成したんです

ドライブ 覗く

なぜ、ここまでのスピード感をもって物販経営できたかというと

徹底した数値管理を行うことで効率化を図っていたからでした!!

スキマ時間で健全経営するために必要なのは数値管理だった

お金 こすと

物販ビジネスを管理するために

そして

健全に経営していくために必要なことは何だと思いますか??

ちなみに

『物販』というビジネスは

『必要なものを必要とする人のもとへ届ける』そういう意味ある仕事です。

だからこそ!!

心意気はすごく大事ですよね!

良いものを手に入れる行動力も大切

キレイに届けるために心遣いも必要です

僕の場合は家族との時間を手に入れるという目標もありました。

これってすべて必要!!

でも健全に経営するため・・・つまり・・・

事業を継続させるために必要なものはやはり『お金』なんです。

というか『資産』が何より大切だったんです。

確かに心意気や丁寧さ目標だけでは商品を仕入れることができないんです💦

だからこそ、健全経営には

今自分のビジネスにいくら資産があって

今からどれくらい出ていくのか、そして入ってくるのか?

今後の展望はどうなるのか?

これが分かるかどうかがポイントなんです!!

これがわかれば、自分の経営するビジネスがどうなるのかわかると思いませんか??

例え話をすると・・・

あなたに経営アドバイザーがついているとして

今うちの会社はどうだ?と知るもんしたときに

「丁寧にできてるし、目標にも近づいてく感じで良い感じです!!」

「今〇〇円資産があり、今月の支払いは〇〇円、〇円分拡大できる予定です」

下のアドバイザーのほうが良くないですか??

なぜなら自分のビジネスがどうなっているのかわかるから!!

最初はややこしいかもですが・・・

数値管理には主観で左右されないとうメリットがあるんです✨

なぜ数値管理が効率的なのか

なぜ数値管理をすると効率的なのか?

それは簡単に言うと・・・

余計なことを考えなくていいからです。

実際に

僕が物販ビジネスを経営する中で管理していたのは5つの数字だけなんです!

その5つだけしか考えません!

そうなると楽だと思いませんか??✨

あくまで経営の話です!!!

商品を丁寧に扱うとか

梱包にミスをしないようにするなどの作業はまた別です。

でも経営していくうえで

売り上げや一つ一つの商品の値動き、売れ行き

取扱商品数、在庫数などかなりいっぱい変動する数値がありますよね。

そしてそれらを把握しなければいけないですよね??

でもほとんど見ません!!!

決めた数値の変化だけを捉えて、経営状況を判断するんです。

だから簡単!

ある数値が変化すれば、対処法もわかりやすい✨

把握も対処も早い!まさに効率的でした

物販経営で管理すべき数値とは

決める 答え

僕が管理していた数値は何だったか

それはこの5つ!!

  • リスト登録数
  • 商品取得率
  • 利益率
  • 平均売値
  • 在庫回転率

売上とか、総利益額とかは外してあるんです✨

まぁテンション上がるから見るのは見ますが( ´艸`)

経営とはまた別ですよね✨

では一つ一つ説明していきます!!

リスト登録数

ライティング

これは自分の作成するリストの登録数を指します!

電脳せどりでは自分の獲得したい商品のリストを作成するんです。

この登録数が多いということは・・・

取扱商品の種類が増えるということ

つまり

リスト登録数が多ければ多いほど、商品を仕入れられる可能性が高くなります

ある程度ビジネスが流れに乗ってきて

状態を維持する場合はあまり関係ないかもしれません。

でも

初めてすぐから拡大していくためには、かなり重要な数値!

この数値がしっかり増えてくると仕入れ個数がものすごく上がります!!

拡大しない場合は据え置き!

だから?僕は現在更新がほとんどできていません( ´艸`)

(ただサボっているだけ…💦)

商品取得率

これは、リスト登録数に対して商品が取れた量がどの程度の割合かということです。

商品取得率(%)=商品取得数÷リスト登録数×100

この計算式で導きます!!

この数値の意味は・・・リストの有用性の評価をするため!

どれだけリストを作成しても商品取得につながらなければ意味が無いんです!

そんな時この数値を見ると

自分のリストがしっかり意味を成しているか(有用性があるのか)がわかります!!

ちなみに目標数値は・・・0.5%!!!

1000リスト作成できていて

取得率が0.5%であれば、一日で商品が5つ仕入れられる

ということは1カ月で5個×30日=150個!!

こんな感じでリストの有効性を図っていました✨

利益率

これポイント!!!

利益❝額❞ではなく利益❝率❞

売り上げや利益額を見ることが多くないですか??

僕が取り組んだのはこの粗利率にフォーカスした方法でした!

利益率(%)=利益額÷仕入れ額(経費)×100

僕の場合は

粗利率を20%に設定して管理していました。

パーセンテージで管理することで何が起こるかというと・・・

利益変動があっても対応できるようになります!!

なぜかと言うと

利益率が高いということは、利益に対して原価が低いから!

つまり

利益率が高いというとことは原価が低いのに利益が出ると言ことですよね??

例えばこんな感じ

(*わかりやすいように、色んな手数料は無しで考えます)

同じ利益500円でも

売値5000円 原価4500 利益500円(利益率11%)

売値2000円 原価1500 利益500円(利益率33%)

同じ利益500円でも

4500円で仕入れたもの

1500円で仕入れたもの

3000円も差があります!!

そしてもし何かのハプニングが起こって、仕入れた商品が売れなくなってしまったとしたら・・・

原価が安ければリカバリーしやすいですよね?

利益額だけを気にしていると原価を見ないので

商品が売れなくなったの時のダメージがどれだけになるか確認するのに

その商品の原価をいちいち確認しないとダメになります

だから

効率的な面でも、ハプニングの保険の面でも利益率での管理はかなり効率的でした。

平均売値

自分の売値の平均です。

なぜこれを見るかというと

自分のビジネスの売上をわかりやすくするため!!

なぜかと言うと。。。

色んな商品を扱うようになると売値って様々ですよね

すると

5000円の商品が5点売れる

2000円の商品が10点売れる

すると総売り上げが

(5000円×5+2000円×10=45000円)

こんな感じで売れていきます。

しかし

一つ一つ管理していると、すごい数を管理することに・・・・

でもこれを平均売値で管理すると

平均売値が3000円(15個売れて45000円だから)

だから何が売れても1個3000円で計算しておくと概算が出るんです✨

とにかく何が売れても1つ〇〇円とまとめて考えるんです

すると

毎月どれくらいの個数が売れるのかがわかっているので、平均売値さえ把握しておけば

月の売上は簡単に想起できます。

月途中でも平均売値がわかればその月の売上がわかりますし、

事業拡大したい!または事業縮小したい!

そんな時にも平均売値をコントロールすると簡単でに舵をきれるんです✨

在庫回転率

どれだけ在庫が回転しているかの数値になります

在庫観点率=売れた数÷在庫数

これは原価回収に関係します!!

なぜかと言うと

原価回収のためには商品が売れないといけません

でも、毎回全部売れるわけではありません

すると在庫がたまっていくんです。

でも実は在庫がたまることは悪いことではありません

在庫がたまると、何もしなくても売り上げが上がるような形を作ることが可能なんです・・・

だからといって、

在庫をためすぎると商品が売れないので原価回収ができなくなります

つまり

売上に対して仕入れ額が大きくなってしまい赤字の状態になってしまうんです💦

そうならないためには原価回収が必須!!

なので

在庫が回転しているかどうかで原価回収できるかが確認しています🎵

特にしっかり利益率が保てている場合は

原価回収のために回転しないといけない在庫は減りますよね?

なので

利益率と在庫回転率で赤字予防をのセーフティネットをしっかり作ることができるんです✨

数値だけを見てコントロールしてみた結果・・・脱サラ!!

家族団らん

色々と説明してきましたが

僕は本当にこの5つの数値だけを見てコントロールしてきました。

例えばこんな状況の経営はどういう状態だと思います??

リスト数1000

取得率0.5%

利益率20%

平均売値5000円

在庫回転率85%

どうでしょう??

健全??不健全?

答えは・・・めちゃくちゃ健全!!!

健全さを表す式がコチラ!

1000×0.5%×30×5000×20%=150,000

なんです!!!

以前の僕はこの式を見せられた時に・・・

以前のゆーひ

え??いや意味が分からん💦

そう思っていました( ´艸`)

これ実は単位をつけるとわかりやすいかも✨

1000リスト×0.5%×30日×5000円×20%=15万円

どうでしょうか??

この状況だと1カ月で15万円の売上げが出るポテンシャルがあるということなんです!!!

この計算を説明すると

  • 1000リストの商品から日当たり0.5%仕入れができると1日5個仕入れられる
  • 5個の仕入れを30日間続けると150個仕入れられる
  • 150個が1個5000円で売れるとすると利益が20%だから15万円!!売上!!

ということなんです!!

計算式にすべて入ってますよね?

そーなんです!!は言ってたんです( ´艸`)

あとは15万円があなたに「合っている」かどうか次第!!

(多いのか少ないのか)

その判断をするだけでした!

すると赤字知らずの健全経営の出来上がりだったんです!!

ちなみに在庫回転率85%ですが

5000円で20%利益の商品は、およそ原価3000円

3000円を150個仕入れると45万円

5000円の商品が在庫150個の85%売れるので63万5千円

十分すぎるほど原価回収できてました✨

数字が落ち込んだ時のコントロール方法は後々お伝えしていきます

今回を通して

数値管理の楽ちん差が少しでも伝われば幸いです!!

ちなみに僕が『物販』を学んで脱サラできたのは

あるセミナーに出会ったからでした。

そのセミナーや物販の話については

こちらに書いてみたので、良ければ読んでみてください✨

今回も読み進めていただきありがとうございます✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です