月収50万を稼ぎ脱サラへ突き進んだ方法はコチラ

Amazonへ納品準備~サブカテゴリ―出品規制の許可申請について~ 電脳せどり 第8回-①

Amazon 出品許可申請
ゆーひ

こんにちは!副業で月収50万円を稼ぎ、脱サラして今は在宅起業家として家族との時間を満喫中のゆーひです。

家族ができたことで将来を不安に思い副業を探し出した僕。

おかげで脱サラを目標として行動を継続することができました。

脱サラ 成功 副業 方法



今回は、電脳せどりについてお伝えする第8回『納品作業について』の準備です。

電脳せどりシリーズで予定している流れは以下の通り


第1回:初収入までにやったこと

第2回:必要物品と必要環境について

第3回:電脳せどりに必要なアカウント作成について

第4回:市場(売れ行き)理解・商品理解の学習

第5回:クレーム対処法の学習

第6回:リスト作成について

第7回:商品取得       

第8回:納品作業 ①サブカテゴリ―出品規制の許可申請について⇐ 今回はココ

          ②納品作業について

第9回:価格改定・在庫管理



自分の手元に届いた商品をいよいよ、Amazonへ納品します!

・・・その前に!!

準備があるんです。



せっかくここまで来たのに・・・

そう思わずに後ワンアクション!


実はAmazonは商品によって出品規制をかけているんです。

僕のお伝えしているカテゴリーでは、その規制がかかっていることが多いため

規制の解除申請を先にしておくことをおススメします!


では説明していきます。

Amazon出品規制について

出品 規制

Amazonは一部のブランドやカテゴリー(サブカテゴリー)に対して出品規制をかけています。

どういう商品に出品規制がかけられているのかというと…

実はAmazon公式の基準は明らかにされていません。



なので一つ一つ規制がかけられているかどうかを確認する必要があるんです。



ただ実際に規制がかけられている商品には特徴があり

  • ブランド品など偽物が出回りやすい商品
  • おもちゃ、家電、食品・ヘルス&ビューティーなど安全性に特に配慮が必要な商品

こういった商品が対象になっている傾向にあります。



そして、対象商品を出品するために・・・

今回の作業が必要になります!

簡単に言うと「正規のルートで仕入れたものである」ということを証明する書類を事前に提出する必要があるんです。

Amazon出品規制の解除について

Amazonの出品規制について紹介しましたが

では、規制がかかっていれば出品ができないかと言われると、そんなことはないんです。



ここでは出品規制の解除=出品許可申請について説明していきます。



出品許可申請には大きく3つがあります

  1. ワンクリック解除
  2. サブカテゴリーでの申請解除
  3. ブラントの申請解除



この3つのうち③については、始めた時点では難しいので

今回は①,②を進めていきます。

この2つが申請許可になることで、出品できる商品がかなり増えますので、ぜひ作業をしてみてください。

①申請ボタンをクリックで解除される場合(ワンクリック解除)

アマゾンで商品を出品しようとすると、写真のような表示が出ることがあります。

これが、出品規制がかかっている状態です。

この規制を解除する申請をするんですが。。。



写真のオレンジの部分【出品許可を申請する】をクリックして申請を開始します。。



運が良ければワンクリックで許可が下りたりします!

これが一番簡単な状態!

ワンクリック解除とか言われています

でも実は、実績がないと難しいです。

大方は以下の画面で請求書の提出を求めれられます。

なので、請求書提出を求められるものについて説明していきます



②サブカテゴリーの出品許可申請

買い物 お金 使い方

今回お伝えしているヘルス&ビューティーでは

サブカテゴリーとして、ドラッグストア・ビューティーが挙げられます。



これらのカテゴリー(サブカテゴリー)について許可申請を行います。


サブカテゴリーの出品許可申請で必要なもの

必要なもの・・・①出品許可をもらう商品

        ②請求書

*請求書の条件は不定期で変わる可能性があるので、必ず申請時に確認をしてください!



この申請に必要な請求書の条件は以下のようになっています。



一見可能な簡単な条件のようにも見えますが、これがなかなか難しい条件だったりします・・・。


なぜ難しいかというと・・・

この条件を満たしていても審査が通らないことがあるからなんです。。。

どういうことかというと【小売業者の発行する請求書には対応していない】と言う点!


小売業者というのは一般商品者向けに販売を行っている業者のことなんですが。

卸業者からの請求書のつもりでも、その卸業者が小売を行っている場合は、小売業者扱いになるんです。


なので、メーカーからの請求書でも、メーカーが小売を行っている場合は審査対象外になってしまうことがあるんです。。。


つまり、卸専門の業者からの請求書でないと審査は通らないということです。

なので、まずは卸専門の業者を探すことから始めて、

請求書を発行してもらい審査するという流れになります。


出品許可申請用の請求書を入手する手順

成功 行動 ?

少しややこしいと思うので請求書を入手するための手順をまとめてみます!


①卸業者を探す

まずは、卸専門の業者を探す必要があるので、NETSEA(ネッシー)やスーパーデリバリーなどの卸業者サイトから業者を絞っていきましょう。


②探した卸業者が卸専門であるかを確認する

業者を度絞ったらその業者が小売を行っているか確認します。


業者名などをGoogleなどで検索すると小売を行っている場合は、楽天やヤフーショッピングなどショピングサイトが表示されます。



表示された場合は小売を行っていると判断できるため、その問屋からの請求書は審査対象外です。



逆にショッピングサイトが表示されない場合は小売を行っていない可能性が高いので、審査通過の可能性があります。




③卸専門業者で出品許可申請に使用する商品を必要数発注する

候補の業者から商品を必要数注文して請求書を発行してもらいましょう。


ここでリサーチが必要になります。

出品許可申請に使用できる商品 かつ 卸業者で取り扱ってる商品

を探す必要が出てきます。



ここでのコツは利益にこだわらないことです!

安い商品を取り扱い経費として考えてしまうと、探しやすく出費を抑えられました。

*この必要数は申請するカテゴリーなどで違います。



④請求書を発行してもらう

注文する前に業者の発行する請求書の形式を確認しましょう。

請求書の条件にもあったとおり…

請求先名義=Amazonのアカウント名義でなければなりません。



事前に業者に必要な情報を伝えてそれで請求書を発行してもらえるか確認しましょう。

せっかく仕入れても申請に使えない請求書だと意味が無くなってしまうので、注意してください!

出品許可申請の手順について

リスク 

では出品許可申請について説明します。

手順が多いので、1つずつ区切っていきますね



①小口出品者は大口出品へ変更が必要。

カテゴリー申請は大口出品者しかできません。

なので、小口出品の場合は大口出品へ変更してください。



②セラーセントラルにログインし許可申請画面へ移動する

セラーセントラルにログイン

右上検索窓に「出品許可申請」と入力して検索ボタンをクリックします。

右上検索窓に「出品許可申請」と入力して検索ボタンをクリック

すると、「出品許可が必要なカテゴリーと商品」という項目があるのでそれをクリックします。

「出品許可が必要なカテゴリーと商品」

 出品許可が必要なカテゴリーから「ドラッグストア」を選択肢クリックします。

出品許可が必要なカテゴリーから「ドラッグストア」を選択

 ページをスクロールして一番下にある「出品許可申請」をクリックします。


*一応請求書の条件には目を通しておきましょう。

いつの間にか請求書の条件が変更されているというのはよくあることです。



今回はこれでした⇩

せっかく請求書を準備しても条件が合わなければ、申請が通らないので確認をお願いします!



③申請画面に沿って、質問に回答する。


出品する商品の小売店・販売店・メーカーそのまたは両方

これはおそらく『小売店/販売店』をチェックすることになるともいます。



そして必要書類と、出品商品について

赤丸の部分に✅をしていきます。

*この時条件を満たしていることをしっかり確認してください!

④申請書をアップロードし、送信する

各チェック項目に✅を入れることができたら



請求書と商品画像ををアップロードします。

アップロード方法は2つ

  1. 画像をドロップ&ドラッグで移動する
  2. 赤丸をクリックして、画像ファイルを選択してください。



チェックとアップロードが終わると

メールアドレスを入力し【送信】ボタンをクリックすると申請は完了です!

お疲れさまでした。



後は申請通過の連絡を受けることで、申請許可の可否が出ます

 申請から大体7日以内にAmazonから連絡が来ます。

Amazon出品許可申請の注意ポイント

ひらめき 重要事項

今回の出品許可申請についてポイントがあるとすれば2点です。

  • とにかく条件をしっかり確認するということ!!
  • 何度も申請するということです。



実は…申請一発で権限を付与されることが無いことがあります。



基本的に試行錯誤してやっと権限の付与という流れになることがあります。

ですが諦めずに何度も申請してください!!


同じ請求書で何度も申請するのはあまり良くないですが、同じ請求書で2回目で申請が通ったという人もいるので2回くらいは申請してみましょうw


またAmazonあるあるかもしれませんが・・・

担当者によって少し左右されることもあるようなので時間帯などを変えてみるのもてかもしれません!



あとは、テクニカルサポートに電話して何がいけなかったのか聞いてみましょう。基本的には教えてくれませんが、ヒントはもらえます。

「審査書類に不備がありました」

「審査書類に不備はありませんが、審査内容に不備がありました」

など請求書に不備があるのか、それ以外に不備があったのかを教えてもらえることがあります。



大変に感じるかもしれませんが、この作業が終われば本格的に加速していきます!

月収5万円を単発であれば必要ないかもしれませんが、

継続して収入を得たい方

物販ビジネスで拡大を目指す方は是非やってみてください!

副業 脱サラ 50万円 副収入 達成 方法 物販
ゆーひ

今回も読み進めていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。