⇩月収50万を稼ぎ脱サラへ突き進んだ方法は画像をクリック⇩

最上級の効率化!時間が無い中でも、タスクを効率よくこなし副業を拡大させた方法!

こんにちは、ゆーひです。

僕は現在家族とゆっくり過ごすために脱サラして在宅ワークで生活しています。

脱サラに向けて副業を開始し拡大できたタイミングで

脱サラしました。

でも『副業する時間なんてない』ってなりませんか??

本当に毎日、家庭に仕事といろいろな用事が舞い込んできますよね。

あれをやって、これをやって、、、、、

複数の用事を同時進行し、無駄を少しでも省き、

時にはながら家事やながら仕事??をしたりしていませんでしょうか??

僕はどや顔でやっていました。( ´艸`)

俺ってこんなにいろいろできちゃうぜ!!みたいな感じです( ´艸`)

ただ、用事が多くなると、自分の処理能力を超え。ミスが出てきました💦

僕は連絡ミスや時間の勘違い、手元が狂うなど、

ちょっとしたミスが増える傾向があり、結局一度立ち止待って見直す必要まで出てきました。

そんな僕が!

ある方法で、『効率の良さ』と『ミスをしない』を両立した方法を紹介します✨

最上級の効率化に必要なもの

在宅ワーク

まず結論からお伝えします!!

最上級の効率化に必要なものは2点です!!

  1. シングルタスク
  2. タスクの構造化

用語の整理をしておきます。

タスク【task】

  • 課せられた仕事,任務
  • コンピューターにおける処理の単位の一つ。オペレーティング‐システムの制御単位

①シングルタスクで行動する

学習 やりたいこと

簡単に言うとやることを一つに絞るということです。

人の脳は、集中力を必要とする作業を1度に1つずつしかできないようになっているんです。

でも同時進行できてるよ??

と思うことありませんか??

僕めちゃくちゃ思ってたんです!!(ミスするけど・・・)

でもじつはこれには理由がありました!

その理由はコチラ⇩

作業同士が干渉せず、片方が集中力を必要としない作業であれば同時に進行することは可能になる。(車の運転中に会話をするなど…)

つまり

慣れていて無意識でできる動作となら2つ同時進行は可能ということ

なので逆に言うと

集中が必要なことを2つ同時進行はできません。

わかりやすい例えとしては

例)会議中に別の相手にメッセージの返信をする

メッセージを送っている時は会議の内容を聞き取ることが難しい

どうでしょうか心当たりありますか??

ほかの考え事していたら、会議の内容を聞き逃すとかもそうですね・・・

なので

「同時進行できる」=「マルチタスクができる」と感じているけど実は、

「マルチタスクを行っているふり」をしている状態なんです。

実際は

どちらかのタスクを中断してすばやく他のタスクに切り替えている状態なんです。(タスク・スイッチング)

そして

タスクを中断されたり集中力を途切れさせられたりるすと・・・

脳は疲れ、ストレスを感じやすくなります💦

そのため、マルチタスクを行っている限り、生産性は上がらなくなります。

つまり

ミスが出てきます💦

僕は本当にこれが多くて・・・

何よりマルチタスクができるという変な自信があだとなっていました💦

物販の仕事で納品作業があるんですけど

その作業の中にも、汚れのチェック・バーコードの貼り付け・梱包作業

色々あるんです。

にもかかわらず、子どもの宿題チェックをしてみたり

参加していたセミナーの勉強や課題をこなそうとして見たり。。。

その結果、ミスが出て後日対応が必要になる

そこで

シングルタスク!!

一つの作業にしっかり集中する環境を作りました

(時間帯の工夫や場所の工夫)

するとミスが激減!!しかも2~3時間かかっていた作業が

1~2時間で終わるようになったんです!!

やっぱり

生産性をあげるためにやることはシングルタスク(やることを1つに絞る)!!!

シングルタスクによって脳の集中を最大限に生かし、生産性が最大になるんです。

そうすると

『効率よく』と『ミスしない』が両立できてきます!!

②タスクの構造化

でも一つずつやるって・・・💦

やることいっぱいあるのに・・・・💦

そんなときは!!

今抱えているタスクを構造化することでシングルタスクに当てはめていくことがおすすめです!

構造化するとは??どういうことか?

それは

1つのタスクを作業ごとに分解して順番に並べること。ということです

例1)会議資料を作るを分解してみる

  • 過去の会議資料を集める
  • 自分の伝えることをまとめる
  • PCを起動する
  • 会議資料を作成する
  • 見直す
  • 質問事項を考える
  • 質問への返答を考えておく

例2)洗濯するを分解してみる

  • 洗濯ものを分類する(色物かどうか)
  • 洗濯ネットに入れる
  • 洗濯機を回す
  • 洗濯物を干す
  • 取り込む
  • 洗濯物をたたむ
  • タンスへ片づける

例3)物販の仕事を分解してみる

  • 商品リサーチ
  • リスト作成
  • 仕入
  • 商品チェック
  • 納品作業
  • カスタマー(お客様)対応
  • リストチェック

このようにタスクって分解できるんですよね✨

会議資料を作るという行動が6つの行動に分類されました。

すると・・・

一つ一つの項目に集中することが可能になります!

つまりシングルタスク!

そして他のタスクと順序だてすることで、効率よく動くことが可能になりました✨

構造を分解せずにシングルタスクで行ってしまうと、

例えばPC起動までのスキマ時間をなんとなく過ごしてしまうことになります💦

でも構造を分解しておくと

PC起動までのスキマ時間を洗濯物の取り込みに充てたりできます✨

効率化の前に考えるべきこと

向かって ジャンプ

僕はシングルタスクと構造化で、様々なことがかなり効率よくこなせるようになりました。

これだけでも十分に効果がありますが、効率化を図る前に考えるべき大切なことがあります。

「マネジメント(management)の父」ピーター・ドラッカーの言葉ですが

『元々しなくても良いものを効率よく行うことほど無駄なことはない』

そのタスクが必要かどうか、しっかり判断することが大切です。

自分にとって必要なことをしっかり明確にするには間違いなく目標設定が大事!!

目標に向かって進む

そして僕が脱サラを目標にできたのは

こんなきっかけがありました!!

やっぱり、何事も情報を仕入れることが大切ですよね!

知ることで世界が広がりました!

なので、自分の必要な情報を仕入れて

目標をしっかり立てたならば!!

自分のすべきことを効率よくやり切り、少しでも時間を有効活用していきたいですね。

今回も読み進めていただきありがとうございます✨

今日も少しの成長を🌈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です