⇩月収50万を稼ぎ脱サラへ突き進んだ方法は画像をクリック⇩

やりたいことを仕事にしたい!!そんな時は遠回りしてみませんか?

回り道

こんにちは、ゆーひです。

僕は今脱サラして、在宅ワークで家族との時間を楽しく過ごしています✨

今回は、友人からのやりたいことがあって仕事が長続きしないという相談に対して

遠回りすることで解決できたことをお伝えしたいと思います。

この友人からの相談は始め解決できなかったんです💦

でも僕自身、家庭を持ち・職場が変わり・・・

脱サラに向けて勉強を始めると友人に伝えたい内容が出てきたんです。

その結果友人の悩みが解決!!

この流れが、仕事をすることについての悩み解決に役立つんじゃないかと思い

今回こちらでもお伝えしたいと思います。

この記事を読むと
  • 「嫌なこと」は「やりたいことをやるための有意義なこと」だと捉えられる
  • 前進するきっかけがつかめる

悩んでいた友人からの相談・・・解決には至らず・・・

一歩進む

相談をしてきた友人は小学校からの幼馴染で

小柄ではあるけど男前でスポーツもできるし勉強もできる。

やりたいことをしっかり言葉にするような人でした。

その友人が、大学進学を機に少しフラフラしだします。

これは「俺のやりたいことじゃない」

学校を辞め、

就職するも「俺のやりたいことじゃない」が何度も続き、

周りも心配するほど、仕事や勉強が続かない状態になりました。

そして、

その友人から仕事が続かないことに対して相談を受けました。

話を聞いてわかったことは、

彼は仕事以外の時間(彼女と友人)が大切で、とにかく働きたくないという希望があったんです。

そこで当時27歳の僕が導き出した答えが

『仕事で稼ぐことを、やりたいことをするための資金集めとして考えて、とにかく惰性で働くのでもいいのではないか??』でした。

しかしこの答えでは結局友人の状態は変わらず…

その後も

仕事を辞め、定職につかない状態が続きました。

解決に向けての気づき!やりたいことを持っている価値 

二人 違い

27歳の時の答えにモヤモヤしたまま

脱サラに向けての学習を始めました。

すると友人の問題を解決できたんです!!

そのきっかけとして、一番大きかったのは

「やりたいことを持っていること」でした。

どんな形であれです!

少し大きな話になりますが、

現在の日本の教育体系は古い時代のものが残っており

今でも高度成長期に良いサラリーマンを作り出すことを命題にした教育が行われています。

そのため

すべての教科の指導要領が画一化されいるのです。

その画一化された指導によって現在はやる気を伸ばせない人が増えていて

やりたいことを見つけたり、没頭することができない人が多い状態なんです!!

僕自身やりたいことを明確に見つけられなかったり、

やりたいことをやらない理由を探してばかりでした。

その点、友人は「やりたいこと」を持っていました。

これは現在の画一化された教育の中で、やりたいことを持っているという強みに他なりません。

しかし、僕も友人も

「やりたいことがある」ということが価値のあることだと、気づいていなかったんです。

ただでさえ、「やりたいこと」を見つけられることが少数派となりつつある今、

やりたいことを見つけて、行動することはかなりの少数派なんです!!

つまり私と友人は、

『人が価値を感じる=価値にお金を払ってくれる人がいるということ』を知らなかったんです。

本当に無知の極でした。

(↓↓価値とお金について、よろしければこちらの記事も見てみてください↓↓)

お金 貯まる 稼ぐ

やりたいことの価値というのは本当に素晴らしいもので、

やりたいことであれば他の人が苦痛に感じることも楽しみながら進んでいくことができます。

周りから苦行に見えても、やりたいことは苦にならない。

だから

やりたいことに没頭すると経験値がものすごいことになる!!

しかも楽しい!!

やりたいことがあるというのは本当に価値のある、素晴らしいことだったんです。

解決のポイント!!少し遠回りをしてみる

辞めたい・向いてない・続かないへの対処法はまさにこれでした!

「少し遠回りしてみる」

結論から言うと、

やりたいことのために、何ステップか遠回りをすることで、やりたいことをできるようにしよう!

ということです。

私が友人に伝えた内容の

「仕事で稼ぐことを、やりたいことをするための資金集めとして考える」

これは

『仕事にやりがいを見出す』のではなく

『稼いだお金でやりたいことをやる!』をモチベーションにするということだったんです。

この部分は奇跡的にこれは案外間違いではありませんでした。

正しかった部分は・・・

やりたいことをやるために、「仕事で稼ぐ」というワンステップをはさんだことです。

逆に

間違っていた部分は・・・

ゴールを決めてロードマップを作ることが抜けていることでした。

目標に向かって進む

ゴールが見えれば進んでいける!ロードマップの力!

走る

仕事にやりがいを見出せないまま働き続けるのはかなりの苦行です。

無知な私は友人の解決策として

苦行に向かうモチベーションを外部に求めたわけですが、

結局終わりがなく、ひたすらに苦行を続けなければいけない。

つまりゴールが無かった

ゴールはどこにあるかわからない

けどまあ頑張れ!!w

そりゃ無理だ―w

今になってようやく気付きました。

なので友人は

しっかり目標も持って

どのように目標達成をするかを考えて進むこと(ロードマップ)が必要だったんです

ここで1つ例を紹介!

(例)やりたいことをやるロードマップ

  1. 何とか仕事(苦行)をつづけながら、資金をためる。
  2. 貯めた資金で自分に投資し、自分の価値をお金にする方法を模索する。
  3. 自分の価値をお金にする⇒ここで仕事(苦行)を辞められるかも!
  4. お金を安定して稼げるようになる⇒仕事(苦行)を辞める!!
  5. やりたいことを仕事にする!!!

このようにゴールが見えると、ロードマップが作れます。

例のように、『遠回り』をしても、

横道にワンステップずれても、

ロードマップがあれば、ゴールへの道に戻ってくることができるんです!!

なので、

有意義な遠回りができます!!

生活をしながら知識を得たり、

自分のやりたいことを磨いたりする時間は仕事を継続して

やりたいことをやるために、やりたくないことをやる。

そのための有意義な遠回りをしてみませんか??ということなんですね!

僕はは脱サラ決意した後

仕事をつづけながらセミナーに参加し

副業をして資金を集め

さらに学習を継続しました。

そうすることで、やりたいことをやる自分のビジョンが見えてきました。

遠回りしたっていいんです。

私は周りの人から見ると「遠回り」していて、

さらに「徐行運転」かもしれません。でも自分にとっては最短距離だったと感じています。

補足:失敗はない!だから前進あるのみ!

ここまでお伝えした、「やりたいことがある」+「遠回りする」を頭において

ロードマップさえできてしまえば、あと足りないのは行動することだけです!

そして知っておくと行動が楽になることがあります。

・「失敗はない」と知る

・自分のやりたいことをやりながら生活している人がいることを知る

「失敗はない」

西野亮廣さんの伝説のスピーチはご存じでしょうか??

「失敗はその瞬間に止まってしまうから失敗であって、受け入れてアップデートして成功するまで続けてしまえば、この経験は必要だったとわかる。つまり理論上、失敗なんて存在しない。だから失敗なんかしないから挑戦してください」

失敗は成功のための経験なんです。成功まで進めば失敗なんてないんです!!

やるしかない!!

「自分のやりたいことで生活している人がいる」と知る

あなたの目指す生活をしている人はいませんか??

それがどんなに雲の上の人に感じたとしてもいることを知ることが重要です!

なぜなら、

やりたいことをして生活している人がいると知れれば、それは自分でもできます!!

(同じ人間ですから!)

あとはやり方を知り、できる自分になるだけなんです!

この2点さえわかれば!

行動していくうえで、疑心暗鬼になり挫折してしまうことがかなり減ります。

実際私自身も、自分に失敗はなく、自分にできると思えると進んでいくことが出ました。

結論!自分の目指す世界があれば最強

親

やりたいことが見つかる+遠回りしていいとわかる+行動する

自分の目指す世界があれば進んでいけます。

少しだけ心を整えて動いていくだけで!!

目指す世界があれば何でもできます!

これって最強だったんです!!

今仕事を辞めたくて仕方がない、続かない・向いていないと思う方は・・・

是非、自分のやりたいことを見つけてください!

そして

見つかったら没頭してみてください!

やりたいことをやるためには

苦行が必要になるワンステップ(遠回り)が必要なことも多くありますが、

遠回りをしたという経験がさらにステップアップにつながることもあります。

僕も友人も絶賛遠回り中です!

本当に友人のことをすごいと思いました。私も負けないよう日々成長していきたいと思います。

今回の内容が、少しでもしんどい現状を抜け出す力になれば幸いです。

今回も読み進めていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です